建築ツアー 軽井沢とちょっと栃木の旅

おはようございます!こんにちは!こんばんは!

最近いきなり寒くなり、半袖だと

風邪をひいてしまいそうですね。

季節の変わり目を体感しています、

宮学2年 アワード局の尾坂です。

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

今回は、8月9日~10日に行われました

建築ツアーのブログをお送りします。

今年のツアーは、軽井沢(とちょっと栃木)へ!

DSC_2435

8月9日、朝7時。メディアテーク前に集合です。

朝早いのにみんなちゃんと集まってくれました。

今年は1年生がとても多いです!

DSC_2451

代表のよしださんと、今回のツアー幹事のくるくん。

どんな旅になるのかワクワクした表情です!

 

IMG_1731

IMG_1758

車で2時間。まずは栃木県那珂川町にある馬頭広重美術館へ。

IMG_6877

IMG_1732

IMG_6433

DSC_2476

平屋建てに切妻の大屋根が印象的な建物は、隈研吾さんの設計です。

歌川広重の代表作、「東海道五拾三次之内庄野」を

イメージして建てられているそうです。

DSC_2474

DSC_2468

CSC_2573

この素敵な光をコントロールしているルーバーは、

地元産の八溝杉でできているそう。

DSC_2502

DSC_2487

DSC_2489

他にも内装に地元の材料を使用していて、

自然豊かな那珂川町の景観に溶け込んでいます。

DSC_2465

IMG_1747

舗道を通ると見える庭もまた素敵でした!

IMG_1749

IMG_1740

イェイ!

DSC_2522

最後にみんなでパチリ。

 

IMG_1781

またまた車で2時間、お次は軽井沢の千住博美術館。

途中、反対方向の高速に乗ったりしたのはいい思い出です…

DSC_2550

IMG_1773

こちらはショップ・カフェ棟。

IMG_1775

元の土地の起伏を活かしてゆるやかに傾斜する形と、

その周りを取り囲むカラーリーフガーデンが

軽井沢という自然と文化が調和した場所を象徴しています。

IMG_1782

美術館の設計は SANAAとしてご活躍されている西沢立衛さんで、

中に入っても見えるカラーリーフガーデンや

壁面、屋根の曲線がとても美しく

展示されている千住さんの作品と一体となっていて、

また違う時間、違う季節に訪れてみたい美術館でした。

 

そのあとはみんなでコテージへ。

IMG_1791

1年生ズ!

DSC_2562

長旅おつかれさまでした。

ゆっくり休んで、2日目に備えます!

 

8月10日、9時半にコテージを出発すると、

それぞれ軽井沢駅周辺を散策。

軽井沢ニューアートミュージアムやギャラリー桜の木など、

美術館やギャラリーが多く興味深かったです。

そして向かったのは軽井沢の山荘。

DSC_2583

DSC_2588

DSC_2595

車を降り、こんな山道を歩いて歩いて…

IMG_6444

やっとありました、軽井沢の山荘!

DSC_2607

吉村順三さんを代表する作品の1つで、

自身が家族や事務所員と過ごすために建てた自邸だそうです。

周りの自然に溶け込んだ、美しい建築でした。

 

IMG_1923

山を下って広い道に出ると、月曜日なのにたくさん人がいました。

さすが夏休み、さすが軽井沢!

それぞれ腹ごしらえした後は、石の教会へ向かいます。

DSC_2612

DSC_2647

案内されて石畳の道を進み、振り返ると…

IMG_1934

全貌が明らかに!

オーガニック建築家として知られる

ケンドリック・ケロッグさんが造ったこの教会は、

自然と調和した 世界でも希少な建築だそうです。

DSC_2618

不思議な形の椅子で休憩中。おつかれかな?

DSC_2620

いいえ!まだまだ元気ですよ!

IMG_1950 (1)

走るけんけんさん。

セルフタイマー、2秒では間に合いませんでした。

集合写真

こんどはバッチリ!

 

石の教会を後にして、最後に向かったのは めがね橋。

IMG_6449

くねくねのカーブ道を乗り越えて、少し歩くと…

IMG_6450

見えてきました、めがね橋!

正式名称は、碓氷第三橋梁。

IMG_1956

IMG_6452

見上げると大きさがわかりますね。

IMG_1961

めがね橋は日本で最初に造られた レンガのアーチ橋で、

使われているレンガは200万個を超えるそう。

現存するレンガ造りの橋の中では国内最大規模。

そんな橋の上に登ることができました。

IMG_6453

IMG_1971

見下ろすと… ひゃ~、高い!

高さは31m、長さは91mもあります。

IMG_1968

きれいな山々が見えます!

昔の人がこんな山の中に200万個ものレンガを

運んで造ったと考えると、感慨深いです。

IMG_1999

橋を渡ると、アプト式鉄道時代の廃線敷を利用して

遊歩道として整備されたトンネルがありました。

DSC_2684

入り口。いぇい。

IMG_1983

DSC_2687

約6キロもあるそうです!

奥まで行こうとしましたが引き返しました。

IMG_1990

IMG_1994

ダッシュで。暑かった!

DSC_2671

さっきおつかれ気味に見えたツアー幹事の二人も、

めがね橋をみて元気がみなぎったようです!

IMG_1973

めがね橋を見た後は、みんなで車に乗り込み

くねくねした道を抜け、高速に乗り

(また逆の高速に乗ったりしましたが)、

無事に仙台へ帰ってきました。

今回のツアーも、なかなか旅行では

回りきれないような場所に行くことができて

とても充実でした、楽しかったです!

幹事の5人、ドライバーをしてくれたみなさん、

素敵な旅をありがとうございました!

広告

150805通常会議・テーマ設計最終講評

皆さん、テストで忙しい中テーマ設計お疲れ様でした!

今日はテーマ設計最終講評、そして前期最後の会議でした。あっという間でしたね~~

そんな学生会議のハイクオリティな作品を今日は沢山お送りしますよ!!!

申し遅れました、、、

長々お送りします、アワード局2年の五十嵐です。よろしくおねがいします!

コンペのテーマは

「水のテリトリー」というとても抽象的でイメージしにくかったと思いますが、

さすが学生会議のみなさん、

各班で独創的な案が沢山!

皆さんは「水」から何を連想しますか?

海・・湖・・雨・・??

まず始めに、1班 ベビーフェイス。

棚田×集いということで、棚田の土砂崩れ防止の役割を活かし、棚田のくぼみに人が

入れるというコミュニティを考えた1班!

ここで人々は休んだり会話を楽しんだりします。

講評として、休むだけの用途で弱いので、

実際に現地に行って何が必要なのかを知り、

もっと棚田の良さを活かそう!!とのことでした。

審査してくださったのは・・・なんと・・・

IMG_4817[1]

ゲストとして来てくださった東北大学4年生OBのみなさん!と、

元実行委員長みっちーさんのお友達さんも!!ありがとうございます~

なので、講評会はいろいろな意見が飛び交いとても充実していましたよ!

2班 放浪癖

「安らぎの昇華」ということで

人と水とのその関係を考え、都市にまで及ぶ安らぎの水のテリトリーを考えました。

敷地は勾当台公園ほどの大きさ!

蓮型の屋根から流れた水がウォーターワォールとなり、それが原動力となり水車が動く、、

そのモニュメントを中心とした水のパビリオンとしての役割を果たします!!

IMG_4830[1]IMG_5146[1]

講評として、水をどう人が支配するのか?とのことでした。

人と水とをつなぐことは意外にも難しいのかもしれませんね・・・

続いて3班 ウーマンリヴ

仙台の中心部に中に人が入れるアクアリウムをつくろう!!!という案。

敷地は勾当台公園。

球体のアクアリウムの中には変化があるが、その周囲は変化しないという面白さがあります。

アーケードなどの一角がアクアリウムのようになっていたら歩くのも楽しそうですね!

でも、人の手を加えずにアクアリウムの中に魚たちを住まわせるのは難しいみたいです・・・水温調節など。

IMG_5137[1]IMG_5141[1]

4班 ラブ♡ファンタジー

水のテリトリーをいろいろな面で考えた4班。

そのひとつが水上ヴィラに楽しい要素を加えたような水のテリトリー。

水の上に家が浮かんでいて、生活がたのしそう!!

夢のある話だと思いきや、

シンガポールには実際に水上ヴィラのリゾートホテルがあったり、

バングラデシュには高床の家や水に浮いている家があるみたいですよ!

5班 毅と下僕

敷地は決めないで、都市や街に点在させて地域の活性化を図る公園を

考えたつよぽんさん班。

雨が降ると公園に水たまりができてそれが自然と領域となり、

大人と子供のテリトリーになる。

晴れているときはただの公園だけど、雨が降るとできるテリトリーということで

面白い!と好評でした!!

IMG_4832[1]

6班 バイブスあがる

MATAGI 跨ぎ

ということで、古代のかつての文明を連想した建築を考えました。

敷地は普段立ち入りにくいようなところ。

花の色水で紙に色を染め、それを射体にまとわせる。川に紙が流れると

川の蛇行するところに溜まり、微生物が分解する。

もしくは人間が回収する。

このように、人だけではなく、水、花、微生物と、水の循環が成り立っている。

古代の人々は本当に限りあるもので工夫して生活してるんだろうなあ~~~

この班は模型もつくってます!!!バイブスあがるうううう

IMG_4816[1]

7班 カテーテル

空間を可視化するということで、公園に東屋をつくる。

雨の日は高さの違う屋根から水が流れて人と人との境界線ができる。

晴れているのにも水が流れる?!?!

「摩訶不思議???」だそうです。。。(笑)

本当に摩訶不思議ですね!!!

IMG_4818[1]

続いて8班 哀れな王子

水のテリトリーを生活に巻き込もう!ということで「田んぼ建築」

田んぼひとつひとつをテリトリーと考え、

田んぼを上下に階段のようにずらすことで縦の繋がりが生まれます。

田んぼの下で生活でき、上から流れる田んぼの水を自分の生活水にしています。

田んぼがあることで水をシェアできているんですね!!!!

IMG_4835[1]

続いて9班 ほとんど佐藤

(発表者は笹原ですが!!!)

湖の上に大小様々な大きさのテリトリーをつくります。

それは商業施設だったり住宅だったり・・・

冬は湖が氷になり道になる。

気候風土によって島が動くので、季節によって

変化するテリトリーです!!自分のテリトリーなのに常に変化するって

面白いですよね!!

湖の下には碇を下すので、島同士がぶつかる心配はないそうです!

IMG_4836[1]

ラストスパート10班 ド変態

「水辺のすみか」

満ち引きによって島が浮き沈みするので、水の動きによって

人の動きが制限されます。

行けるときと行けないときがあることでコミュニティはどのように変化するのか?

と考え島を分断したそうです!

前の班とおなじく、変化するテリトリー!!

IMG_4842[1]IMG_5145[1]

たかまささん班も模型!!登場!!すごい!

11班 大船渡レディース

敷地は東日本大震災の被害にあった陸前高田市。

津波で大きな被害を受けたため、地域のコミュニティがない。

そして海と人とに隔たりがある。

なので!!大船渡レディースでは自分たちから海に近づいて地域住民が集う

コミュニティをつくろうと考えました!

今は防波堤が立っていませんがこれから防波堤が立つことで

生活がまた海側から街側に移動してしまう・・・

結局街中に戻るんだね、、、という意見もありました。

このような考えが反映されて、復興に役立てたら良いですよね、とおもいました。

12班!!めいにゃんをあがめる会

15年以内に水不足になり紛争が起こるといわれている。

なので、地球の水を守るために都市にコップをつくり溜める・みせる。

溜めた水は浄水してまた使い、その水をみせることで危機感を覚える。

これらを都市に点在させることで水が都市を行き来しテリトリーとなる。

→→世界の水が守られる!!!←←

??でも、水という財産を人にみせていいの??

という指摘がありました。

とて現実味のある提案だからこそこういう問題もでてきますね・・・

IMG_4844[1]IMG_5138[1]

コップのイメージはこんな感じ。水をラッパ飲みちゃんけ

13班 ヒョロメガネ

「水の音ミュージアム」

水の音の心地よさでストレスを減らそう!!ということで

都市の中にハニカム構造の大きな筒を埋めて水の反射音

聞く。場所によって音が違うのも特徴。

貯水器の役割も果たします!!!!

IMG_4839[1]IMG_5139[1]

IMG_5144[1]

音だけではなくクールスポットにもなります。講評では

果たしてここが弁当を食べようと思えるくらいに気持ちの良い空間なのか?とのことでした。

わたしここで弁当たべたい!!!!!(ただ今お腹すいているので)

14班 基本もてたい

水の作り出す新しい領域を提案。

同じ空間を共有しているが心象距離に近い区切りがあるようなイメージ。

ということで14班が考えるのは東屋。

雨が降ると水たまりができて自然と区切りができる。

講評では区切る意味がないのでは?とのことでした。

でも壁のような大きな仕切りはないにしても、跨いだ先に空間があるという

境界があるだけで自分のスペースができる最後に15班 ひ

都市の問題を解決するものを作ろうということで、ヒートアイランド現象

を解決するために冷却装置考えることに。

素焼きのパイプに水を通して冷やすと気化を起こし表面温度が下がる。

このような装置を都市に散りばめることでヒートアイランド現象が解決するのでは!!!

というひじき。。に対して、

これは何?構造体?オブジェ?という講評。

→山梨さんが設計したソニーシティを参考にしているみたいです!!

ぜひ皆さん調べてみてくださいね!

IMG_4843[1]IMG_5142[1]

ここまで長々とコンペの作品を班ごとにお送りしました~~

一つのテーマから15個の案が出て、似たような案であったり、くっつけたら

更によくなりそう!!などなど、さまざまでしたね!

ゲストの4年生にもアドバイス頂いたように、反省を今後に生かして

さらなるレベルアップを目指しましょう!!

(1年生、きっと同じ学校の友達よりもハイクオリティな自分になれるはずです!)

テストで忙しい中、本当におつかれさまでした。そしてありがとうございました。

IMG_4819[1]IMG_4846[1]

外では花火の音が響いていた中で、学生会議のみなさんはじっと椅子に座ってふんばってました

花火は見れなかったけど、

HANABIにはいきました!!前期打ち上げ!

こんなに汗だらだらになって焼肉を焼き、無心で食べたことはありません!!

おうきさん扇風機独占しないで!!激あつい!夏!

おいしかったたのしかったな~~~前期がんばったおつかれ~~と思ってもらえた幸いです^^

IMG_4823[1]IMG_5135[1]IMG_5136[1]

オフショットと思ったら無駄に関谷さんの画像しかないですが・・・

とりあえず前期会議はこれで終わりです!、

でも夏休みには建築ツアー・キャンプがあるのでまだまだ会議の夏を楽しみましょう!!

たくさんお疲れさまでした。

まとまりのない文章ですがおわります。

みなさん良い夏休みを^^

150729通常会議

こんにちは!

初めまして、工大2年の堀金です!

今年から仙台建築都市学生会議にはいりました。よろしくお願いします!

今週の議題は

①テーマ設計

②テーマ決め

③局決め

という感じでした。

まずはテーマ設計!

自分が遅れてきたため写真がないのですが、

どのチームも来週の最終発表に向けて追い込みをしていました。

来週の最終発表でどのような作品があがってくるのか非常に楽しみですね!!

次はテーマ決め!

今週のテーマ決めは白いテーブルに皆の意見を書き込んでいく形式で行われました。

このような形式での話し合いは初めてですごく新鮮でした!

テーマ案にもさらに磨きがかかってきて、いいものになってきているので

今年のテーマが何になるのか私も楽しみです!

IMG_3039

続いて局決めです!

前回まで各局の仮配属が行われていましたが

今回は正式に局配属が行われ、ほとんどの局員の配属が決定しました!

ちなみに私はアワード局に配属が決定しました。

アワード局の皆さんよろしくお願いします!

写真はお隣の会場局。

IMG_3076

どの局にも新しい局員が加わりにぎわっていました!

これからは新局員も加えSDLに向けて頑張りましょう!

短いですが今回のブログはここまで!

工大2年の堀金でした!